ウクライナ政府、ヘルソン市民に冬季の避難を呼びかけ

ウクライナ政府、ヘルソン市民に冬季の避難を呼びかけ

ウクルインフォルム
ウクライナのヴェレシチューク副首相兼一時的被占領地再統合相は21日、ロシア占領から解放された南部ヘルソンの市民に対して、冬季の間、より安全な国内他地域へと避難するよう呼びかけた。

ヴェレシチューク副首相がテレグラム・チャンネルに書き込んだ

ヴェレシチューク氏は、「政府は、クリヴィー・リフ、ミコライウ、オデーサへの無料避難を提案している。その後、キロヴォフラード州、フメリニツィキー州あるいはウクライナ西部諸地域へとさらに移動することも可能だ」と書き込んだ。

同氏はまた、今回の要請は何より子連れの女性、高齢者、病気を患っている人、移動の困難な人が該当すると伝えた。

加えて同氏は、「避難民には、無料のシェルター付住居、人道支援、食事、医療サポートが提供される。また、国と国際機関から国内避難民証明書作と現金支給の支援が与えられる」と説明した。

これに先立ち、21日、フラン・ヘルソン州議会議員は、ロシア軍はすでに3日間連続でヘルソン市を砲撃していると伝えている。また、同日のロシア軍のヘルソン市への攻撃で負傷していた民間人1名が病院への搬送中に死亡したことが発表されている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-