ロシアが求めているのは平和ではなく、戦力再生のための「一息」=ゼレンシキー宇大統領

ロシアが求めているのは平和ではなく、戦力再生のための「一息」=ゼレンシキー宇大統領

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は19日、ロシアは現在戦力の再生のために短期間の停戦を求めているのであり、そのような手段では本当の意味で戦争を終結することは不可能だとの見方を示した。

ゼレンシキー宇大統領がハリファックス国際安全保障フォーラムへのオンライン演説の際に発言した

ゼレンシキー氏は、「停戦自体が平和を保証するわけではない。ロシアは現在短期間の停戦、戦力再生のための『一息』を求めている。人によってはそれを終戦と呼ぶのかもしれないが、しかし、そのような一息は状況を悪化させるだけだ」と発言した。

また同氏は、ウクライナが領土や主権で譲歩するという考えはいかなるものであれ「平和」とみなすことはできないと強調し、「非倫理的な譲歩は新たな流血をもたらす。真の長続きする誠実な平和は、ロシアの侵略を完全に破壊することによってのみもたらすことができるのだ」と発言した。

その他同氏は、自身がG20首脳会談時に提案した10項目の和平プランについて喚起し、「平和は可能だ。しかし、平和が存在するには、私たちは、ロシアの侵略の様子を全て不可能としなければならない。そうしようではないか。平和をもたらそう」と呼びかけた。

これに先立ち、ゼレンシキー大統領は15日、G20首脳へ向けたビデオ演説を行った際に、ロシアによる対ウクライナ戦争の終結に向けた10項目の提案を行っていた

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-