ロシア砲撃によりウクライナ南部ニコポリ市の住民70%が夜間避難

ロシア砲撃によりウクライナ南部ニコポリ市の住民70%が夜間避難

ウクルインフォルム
ウクライナ南部ドニプロペトロウシク州のルカシュク州議会議長は18日、同州ニコポリ市は、ドニプロ川対岸の被占領地エネルホダル市(ザポリッジャ州)側からの攻撃を毎日受けていることから、住民の約70%が夜間は同市から避難していると報告した。

ルカシュク氏がメディアセンタ・ウクライナ=ウクルインフォルムでの記者会見時に発言した。

ルカシュク氏は、「約70%の住民がニコポリ市から避難している。別の自治体に避難した。砲撃はエネルホダルから行われている。エネルホダルとニコポリの距離は4〜19キロメートルだ。それは、榴弾砲や多連装ロケットシステムの射程範囲である。人々は夜は出て行き、日中になると戻ってきて働いている」と発言した。

同氏はまた、ニコポリは大きな産業都市であり、そこには強力な企業があり、これら企業は砲撃を受けても稼働しており、人々は給与を受け取っていると発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-