ポーランドでの爆発の責任はロシアにある=米ホワイトハウス

ポーランドでの爆発の責任はロシアにある=米ホワイトハウス

ウクルインフォルム
米国のワトソン国家安全保障会議(NSC)報道官は16日、ポーランド領での2名の死者を出したミサイル爆発の責任はロシアにこそあると発言した。

ワトソンNSC報道官が声明を発出した

ワトソン氏は、ポーランドがまだ事件の詳細を明らかにするための捜査をしているとした上で、「最終的な結論がどのようなものとなろうとも、この悲劇的事件の責任があるのが、ウクライナに対して、民間インフラを対象とした大規模ミサイル攻撃を行ったロシアであることは明白だ。ウクライナは、自らを守る権利を有していたし、今もそれを有している」と発言した。

同時に同氏は、爆発は確かにウクライナの防空システムのミサイルが不幸にもポーランド領に偶然落下して生じたらしいことを示していると指摘した。また同氏は、「私たちは、分析を続け、全ての新しいアクセス可能な情報を透明に共有し続ける。私たちはまた、理解を補完し得るどのような状況提供についてもウクライナ側と緊密に連絡を取り続けていく」と発言した。

写真:ポーランド警察


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-