ウクライナの防空戦力、90弾強の巡航ミサイルの内73弾を撃墜

ウクライナの防空戦力、90弾強の巡航ミサイルの内73弾を撃墜

ウクルインフォルム
ウクライナの防空戦力は15日、ロシアが放った90弾以上の巡航ミサイルの内73弾を撃墜、自爆型無人機10機の内10機を撃墜した。

イフナト・ウクライナ空軍報道官がテレビ番組出演時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

イフナト氏は、「もう暫定情報がある。占領者は、10月10日の攻撃数を超えてきた。覚えているだろうが、(10月10日には)私たちの国土に対して84弾のミサイルが放たれたのだ。今日はもう、90弾以上のミサイルが確認されている。さらに、加えて10機の『シャヘド』(編集注:自爆型無人機)だ」と伝えた。

また同氏は、シャヘドとは「シャヘド136」と「シャヘド131」のことだとし、同日、南部作戦司令部「ピウデン」が敵が放った10機中10機を撃墜したと指摘した。

さらにウクライナ軍は同日、90弾以上の巡航ミサイルの内73弾を撃墜したと報告した。

比較として、同氏は、10月10日は、84弾のミサイルの内、撃墜できたのは45弾で、翌日は28弾中20弾を撃墜でき、10月31日には、55弾中45弾を撃墜できたと喚起した。

同氏はまた、ウクライナが防空システム「ナサムス(NASAMS)」と「アイリスティー(IRIS-T)」の提供を受けてから、防空効率は著しく高まったと指摘した。

同日、ウクライナ空軍は、テレグラム・チャンネルにて、同日の敵ミサイル・無人機の撃墜結果を示すインフォグラフィックを公開した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-