米国防省、ロシア軍・ウクライナ軍の対ウクライナ戦争での死傷者数に言及

米国防省、ロシア軍・ウクライナ軍の対ウクライナ戦争での死傷者数に言及

ウクルインフォルム
米国のミリー統合参謀本部議長は9日、ロシア軍の対ウクライナ戦争における死者と負傷者を合わせた数は10万人以上だと発表した。同時に同氏は、ウクライナ軍も同等の損耗数が出ている可能性があるとも指摘した。

ミリー統合参謀本部議長のニューヨークの経済クラブでのスピーチを英BBCが報じた

ミリー氏は、ロシア軍人の死者と負傷者の数は10万人以上の水準だとし、同時にウクライナ側の損耗数も同等の水準である可能性があると発言、そして「これは甚大な規模の人間の苦しみである」と指摘した。

同氏はまた、自身の評価では、ウクライナの民間人は約4万人が殺害されていると発言した。

なお、ウクライナ軍は、11月10日朝時点で2月24日以降のロシア軍人の死者数はおよそ7万8690人だと発表している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-