ウクライナ政権関係者、ロシアと「協議」する「代表団参加者」に言及

ウクライナ政権関係者、ロシアと「協議」する「代表団参加者」に言及

ウクルインフォルム
ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は5日、ロシアとの「協議」を行うウクライナ代表団のメンバーは、エイブラムス、レオパルド、マルダー、ハイマースなどの重火器であるべきだと発言した。

ポドリャク氏がツイッター・アカウントに書き込んだ

ポドリャク氏は、「ロシアとの『協議』のための唯一あり得る代表団は、エイブラムス(編集注:米国製主力戦車『M1エイブラムス』)、レオパルド(編集注:独製主力戦車『レオパルド2』)、マルダー(編集注:独製歩兵戦闘車)、ハイマースから構成されるものだ。会談場所は、ウクライナの国際的に認められた最も東の国境である」と書き込んだ。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-