ウクライナ被占領地からの脱出可能ルートは3つ=メリトポリ市長

ウクライナ被占領地からの脱出可能ルートは3つ=メリトポリ市長

ウクルインフォルム
ロシア軍による占領の続くウクライナ南部メリトポリ市(ザポリッジャ州)のフェドロウ市長は、現在同市からウクライナ政府管理地域へ脱出することが可能なルートは3つあると発言した。

フェドロウ市長がウクルインフォルムへのインタビュー時に発言した(リンク先はウクライナ語)。

フェドロウ氏は、「クリミアを通り、それからジョージアあるいは欧州の国々へ行く(ルートだ)。その道はおよそ5日間かかるが、しかし被占領地の住民の多くが、そのルートを基本的ルートとして利用している。他の道は、『DPR』を通るもの(マリウポリ〜ノヴォアゾウシク)だが、そのルートは精神的に最も厳しいものだ。そこでは選別が行われるし、そこには『DPR戦闘員』がいる。そのルートが最も危ない。つまり、3つのルートがあるわけだ。最も人気なのがクリミア経由。次が、(編集注:ザポリッジャ州)ヴァシリウカ経由。3つ目が最も危険な(編集注:ドネツィク州)ノヴォアゾウシク経由だ」と発言した。

また同氏は、メリトポリ市の人口につき、自身の概算だと、半数未満(5、6万以下)の住民が同市に残っていると発言した。

同時に同氏は、「しかし、多くの人がマリウポリ市、ドネツィク州、ヘルソン州からやってきた。また露シスト(編集注:ロシア+ファシストの造語)たちもたくさん色々な地域からやってきている。なぜなら、私たちの地域は生活しやすいからだ。占領者たちは、アパートを盗んでいる。私の家全ては乗っ取られている。しかし、私はそのことは考えない。私たちの友人、親戚、近親者のアパートも乗っ取られているからだ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-