10月31日のロシア軍攻撃による民間人死者5名、負傷者9名=各地被害

10月31日のロシア軍攻撃による民間人死者5名、負傷者9名=各地被害

写真
ウクルインフォルム
ウクライナのティモシェンコ大統領府副長官は、10月31日のロシア軍攻撃によるウクライナ民間人の犠牲者は、死者5名、負傷者9名だと発表した。

ティモシェンコ氏がテレグラム・チャンネルで発表した

地域別犠牲者内訳は以下のとおり。

ドネツィク州(東部):死者4名、負傷者3名

ミコライウ州(南部):死者1名、負傷者5名

ハルキウ州(東部):負傷者1名

またティモシェンコ氏は、1日未明、ロシア軍が無人機にて中部ポルタヴァ州を攻撃し、倉庫が損傷したと報告した

ティモシェンコ氏は、「本日未明、ポルタヴァ州へと無人機攻撃があった。ロシアテロリストは、4回攻撃を行った。民間インフラが損傷した。破片がポルタヴァ市内の倉庫に当たり、火災が発生した。続けて1時間の間に、さらに3機の無人機が同地区に飛来した。火災の広がった面積は3600平方メートルだ」と伝えた。

同氏はまた、死傷者は出ていないと伝えた。

また1日、レズニチェンコ南部ドニプロペトロウシク州軍行政府長官は、テレグラム・チャンネルにて、ロシア軍が、同州南部のマルハネツとニコポリを砲撃したと報告した。

レズニチェンコ氏は、「ニコポリへは、40弾のロシアの砲弾が飛来した。同市では、14の集合住宅・民家、幼稚園、薬局、美容院、店、銀行が損傷した」と伝えた。

また、マルハネツ共同体では、電線が損傷し、給水局で停電が発生し、4万世帯以上への水供給が停止、1万世帯以上で停電が生じたという。

東部ドネツィク州のホンチャレンコ・クラマトルシク市軍行政府長官は、フェイスブック・アカウントにて、ロシア軍は1日未明に同市を14弾のミサイルで攻撃したと報告した。

ホンチャレンコ氏は、「未明、ミサイル14弾がクラマトルシクの産業地区を襲った。犠牲者はない。ロシアはテロリストであり、糞尿国家だ」と批判した。

なお、1日未明、ウクライナへの侵略を続けるロシア連邦軍は、ウクライナ南部ミコライウ市をS-300のミサイルにより攻撃し、学校や住宅を破壊していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-