キーウ市への自爆型無人機攻撃、住宅へ着弾 住民2名が瓦礫の下

キーウ市への自爆型無人機攻撃、住宅へ着弾 住民2名が瓦礫の下

写真・動画
ウクルインフォルム
キーウ市軍行政府は、ロシア軍による17日朝のキーウ市への自爆型無人機による攻撃は、9時00分時点で4回確認され、またシェウチェンキウシキー地区の居住用建物への着弾もあると報告した。

キーウ市軍行政府がテレグラム・チャンネルにて報告した

行政府は、「9時00分時点で飛来4件を確認。敵は攻撃し続けている。シェウチェンキウシキー地区の居住用建物への着弾が確認された。現在犠牲者についての情報確認中である」と書かれている。

クリチコ・キーウ市長は、テレグラム・チャンネルにて、同地区の着弾した居住用建物から18名が救助されたが、2名が瓦礫の下に残されており、救助作業が続いていると伝えた。破壊された建物の火災消火と瓦礫除去が続いており、また死者の有無は確認中だという。

同氏はまた、キーウ中心部の通り数本にて、車道が封鎖されていると報告、また自爆型無人機の残骸の写真を公開した

また、ゼレンシキー宇大統領は、フェイスブック・アカウントに、「敵は、夜と朝の間ずっと、民間人へテロを行っている。自爆型無人機とミサイルがウクライナ中を攻撃している。キーウでは、住宅への着弾があった」と書き込み、動画を掲載した

さらにゼレンシキー氏は、「敵は、私たちの町を攻撃することはできるが、私たちを壊すことはできない。占領者を待つのは、正義の罰と未来の世代への断罪だ。私たちを待つのは勝利だ」と強調した。

その他、カミシン国鉄ウクルザリズニツャ社総裁は、ツイッター・アカウントで、キーウ中央駅近くでの着弾を報告し、犠牲者は出ていないと伝えた。ウクルザリズニツャ社は、テレグラム・チャンネルにて、キーウ駅では全ての電車が予定通り発着していると報告した

これに先立ち、17日朝7時前から、ウクライナ首都キーウ中心部のシェウチェンキウシキー地区にて複数の爆発が報告されていた。なお、9時30分頃にキーウの空襲警報は解除されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-