露の大量ミサイル攻撃に、ウクライナ政権幹部がコメント

露の大量ミサイル攻撃に、ウクライナ政権幹部がコメント

ウクルインフォルム
ウクライナのレズニコウ国防相は、10日朝のウクライナ各地へのロシア軍によるミサイル攻撃を受けて、テロリストのミサイル攻撃では、ウクライナ人の勇敢さを壊すことも、同盟国の決意を揺らがすこともできないと発言した。

ウクライナ国防省がレズニコウ国防相の発言をテレグラム・チャンネルに掲載した

レズニコウ氏は、「私たちの勇敢さは、テロリストのミサイルでは決して壊せない。たとえ、ミサイルが私たちの首都の心臓部に着弾しようとも。ミサイルはまた、私たちの同盟国の決意を揺らがすこともない。彼らが不可逆的に壊している唯一のものは、ロシアの未来だ。全世界で敬意を失ったテロ追放者国家の未来を壊しているのだ」と伝えた。

また、クレーバ宇外相は、ツイッター・アカウントにて、プーチン露大統領は、「ミサイルで協議をする」テロリストだと書き込んだ

クレーバ氏は、「ロシアのウクライナに対する大規模ミサイル攻撃だ。プーチンの唯一の戦術は、平和なウクライナの町へのテロである。しかし、彼はウクライナを壊せない。それはまた、和平について彼と協議することを望んでいる全ての『和平派』への彼の返答である。プーチンは、ミサイルで協議を行うテロリストである」と書き込んだ。

さらにポドリャク宇大統領府長官顧問は、ツイッター・アカウントに、ウクライナは更なる武器を必要としていると伝えた

ポドリャク氏は、「キーウ、ザポリッジャ、ドニプロの中心部への意図的なミサイル攻撃は、テロ的なまともではないクレムリンの本質の証拠だ。ロシアは、戦場で戦う能力がないが、民間人を卑劣な手段で殺すことだけはできる。そこで、誰と話せというのだろうか? 対話の代わりに必要なのは、防空システム。多連装ロケットシステム、更なる飛距離の砲弾だ」と書き込んだ。

なお、ウクライナでは、10日の未明から朝にかけて、各地でミサイル着弾と思われる爆発が報告されている。キーウ中心部へのミサイル着弾では、市民5名の死者が報告されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-