露軍、ウクライナ南部ザポリッジャをミサイルで攻撃 集合住宅崩壊 住民2名死亡

露軍、ウクライナ南部ザポリッジャをミサイルで攻撃 集合住宅崩壊 住民2名死亡

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナへの侵略を続けるロシア連邦軍は6日未明、ウクライナ南部ザポリッジャ州の住宅地をミサイルで攻撃した。結果、インフラ施設や集合住宅が破壊され、住民2名が死亡した。

スタルフ・ザポリッジャは、テレグラム・チャンネルにて、はじめは「占領者が州都をミサイルで攻撃した。敵の目的はインフラ施設だ」と書き込んだが、その後「敵はザポリッジャの住宅を狙った。住宅は著しい破壊を被った。犠牲者がいる。救助隊がすでに人々を瓦礫から救出している」と伝えた

さらに同氏は、同ミサイル攻撃と被害の詳細として「ザポリッジャの民間人へのテロと殺人だ! 露シスト(編集注:ロシア+ファシストの造語)たちは、集合住宅に7発のミサイル攻撃を行った。犠牲者数は確認中だ。人々は瓦礫の下にいる」と書き込んだ

スタルフ氏はまた、朝方、ミサイル着弾現場にて、ウクルインフォルムの記者に対して、ロシア軍のミサイル攻撃により、集合住宅が2軒破壊されたと伝えた。

加えてスタルフ氏は、テレグラム・チャンネルにて、「敵の攻撃による犠牲者の暫定的情報だ。女性1名が死亡した。もう一人の女性が救急車の中で死亡した。少なくとも5名、瓦礫の下にいる」と書き込んだ。同時に同氏は、多くの人が救助されており、その中には3歳の子供もいると伝えた。

Враг ударил по жилым многоэтажным домам в Запорожье / Фото: Дмитрий Смольенко, Укринформ
写真:ドミトロー・スモリイェンコ/ウクルインフォルム

破壊された建物の集合住宅共同管理人団体のパンチュフ代表は、被害につき、「建物に登録されていた人は59名。1つの出入り口からのアクセスはアパート12戸である。1階住民は皆生きている。先ほど会った。2階には、誰も住んでいなかった。3階も住民が避難していたのを見た」と述べ、4階に関する情報はないと伝えた。

現場では、救助隊が活動を続けている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-