ゼレンシキー大統領、動員されるロシア国民に連日降伏を呼びかけ

ゼレンシキー大統領、動員されるロシア国民に連日降伏を呼びかけ

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は25日、ロシア国民に対して、動員を回避するよう、あるいはすでに前線に配置された場合は、機会が生じたらすぐにウクライナ側に降伏するよう呼びかけた。

ゼレンシキー宇大統領が同日夜の動画メッセージにて、前日に続きロシア語でロシア国民へ呼びかけた

ゼレンシキー氏は、「私たちは、特にダゲスタンの人々が自らの命のために戦いを始めたのを見ている。私たちは、それは彼らの命に関する問題だということを彼らが理解し始めたと見ている。どうして、彼らの夫、兄弟、息子がこの戦争で死なねばならないのか? 一人の人間が望んでいるだけの戦争でだ。私たちの人々に対する、私たちの大地における戦争でだ。彼は、自分の子供たちは戦争に送らないのだ」と強調した。

同氏はまた、ロシア国民に対して、「自分たちの子供、ロシアの犯罪的動員へと駆り出される可能性のある全ての人を死へと送り出さないよう」闘うように呼びかけた。

加えて同氏は、「もう一度強調する。出口はある。犯罪的動員に屈さないこと、逃げること、あるいは、最初の機会にウクライナ側に降伏して捕まることだ。ロシア連邦国民が自らの命を守ろうとすればするほど、ロシアのこのウクライナの民に対する犯罪的戦争は、より早く終わるのだ」と発言した。

これに先立ち、プーチン露大統領は21日、部分的動員の大統領令に署名したことを発表していた。

25日、ロシア連邦のダゲスタンでは、動員に反対する抗議集会が開催されていた。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-