カナダ軍情報機関、ロシアにウクライナでの目的達成能力はないと評価

カナダ軍情報機関、ロシアにウクライナでの目的達成能力はないと評価

ウクルインフォルム
カナダ軍情報司令部(CFINTCOM)は21日、ロシア軍のウクライナでの人員・装備損耗により、ロシアは自らの軍事目標を達成できないとの評価を発表した。

カナダ軍情報司令部がツイッター・アカウントにロシアの主張に対するファクトチェック評価を掲載した

同発表には、「人員・装備の著しい損失により、ロシアはウクライナにおける自らの野望を遂行する軍事能力をもはや有していないようである」と書かれている。

また、情報司令部は、ロシアは「すでに得た部分的な領土の支配のために新しい公な根拠を提供しながら」自らの戦略目的を縮小せざるを得なくなっていると指摘した。

さらに、「ロシアはウクライナにて常にマクシマリスト的地理的野心を持っていた。モスクワの侵攻当初のキーウと北東のチェルニヒウ、スーミ、ハルキウ制圧に失敗した努力は、ドンバスの外へと広がる、その著しい領土的野心を示している」と書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-