ヴェレシチューク宇副首相、ヘルソン州とザポリッジャ州の住民に早期避難を呼びかけ

ヴェレシチューク宇副首相、ヘルソン州とザポリッジャ州の住民に早期避難を呼びかけ

ウクルインフォルム
ウクライナのヴェレシチューク副首相兼一時的被占領化再統合相は、ウクライナ南部の一時的被占領下、特にヘルソン州とザポリッジャ州の住民に対して、ウクライナ軍にそれら領土を解放できるようにすべく、あらゆる可能な手段を用いて可能な限り迅速に避難するよう要請した。

ヴェレシチューク副首相が8日、ウクライナのテレビ番組出演時に被占領地からの避難に関する質問に答える形で発言した

ヴェレシチューク氏は、「避難はできる。人々はそのことを知っている。人々を通じたコミュニケーション・システムは非常によく機能している。脱出した人たちは、(コミュニケーション)手段を持っており、把握しているし、私たちは彼らをボランティアとして参加させている。私は、公の場でそのことについては話さない。人々の安全に関わることだからだ」と発言した。

また同氏は、ロシアは民間人が被占領地にできるだけ長く残ることを欲しており、人々が避難できないようにするためにあらゆることを行なっていると指摘した。同氏は、同時に、人々、特に子供のいる女性は、ヘルソン州・ザポリッジャ州に残っていると、状況は今後何倍も悪化し、危険になることを賢明に理解すべきだと発言した。

同氏は、ロシア侵略軍は民間人を人間の盾に利用しているのであり、市民は、ウクライナ軍が敵から領土を解放できるようにするために、同地から脱出せねばならないと伝えた。

さらに同氏は、「私たちの大砲は仕事をしなければならない。脱占領は武力の使用を含むのだ」と説明し、あらゆる可能な手段で自らの身近な人々を脱出させるべきだと強調した。

そして、同氏は、「たとえ人々がロシアへ追放されたとしても、その場合も私たちは人々が帰国できる手段を見つけ出す。脱出手段を探さなければならない。なぜなら、私たちの軍は、脱占領を行うからだ。大きな戦いとなる」と強調した。

同氏はまた、被占領地の住民は占領者の24個の検問地点を越えねばならないが、たとえそれが困難であろうと、自らの命を失うわけではなく、生き延びることになるのだと指摘した。

写真:AA


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-