オデーサ州にて新規に2000人が領土防衛部隊に入隊

オデーサ州にて新規に2000人が領土防衛部隊に入隊

動画
ウクルインフォルム
ウクライナ軍領土防衛部隊第126独立旅団司令部は、同州を侵略者から防衛するために、追加で2000人の志願兵の訓練を行ったと発表した。

第126独立旅団広報室がフェイスブック・アカウントにて発表した

発表には、「ウクライナへの敵の侵攻、非承認のトランスニストリア側からのロシア軍の侵攻準備と活発化に関する示威的行動を背景に、領土防衛部隊第126独立旅団司令部は、オデーサ州領域自治体の志願兵2000人以上の訓練を実施した。やる気と決意を持つ、様々な年齢、社会的地位の愛国者たちが、手に武器を持ち、自由で繁栄したウクライナにて自らの生きる権利を防衛する準備ができている」と書かれている。

また、発表には、訓練の際には、理論知識の習得と火器、対戦車砲使用実践訓練、戦場での応急治療訓練が行われ、対狙撃手、対工作員の戦いの訓練が入念に行われた他、遠隔戦術移動の訓練も行ったと書かれている。訓練には、ベッサラビア地方の各地区から1万人以上が参加したとのこと。

写真:ハルキウ州領土防衛部隊


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-