ロシア軍、南部オデーサにミサイル7発発射 死傷者あり

ロシア軍、南部オデーサにミサイル7発発射 死傷者あり

写真・動画
ウクルインフォルム
10日、ウクライナ南部にてウクライナ軍の指揮統括を行う作戦司令部「ピウデン(南)」は、ロシア軍がオデーサ市へ7発のミサイルで攻撃を行い、死者が1名、負傷者が5名出たことを伝えた。

「ピウデン」がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「ロシスト(編集注:ロシアのファシストの意)たちは、オデーサに対して、またしても航空機を用いて攻撃した。同市に対してミサイルが7発発射された。しかし、敵のミサイルの在庫は明らかに危機に瀕している。なぜなら、攻撃の際、経年の点ですでに破綻している、貴重なソ連製ミサイルを発射したからだ。彼らは戦略的施設を探しつつ、古臭いミサイルを『極めて危険な』商業施設と一般の保存食品保管庫に対して着弾させた」と書かれている。

同時に司令部は、敵の攻撃により、1名の死者が出ており、また5名の人物が怪我により病院に搬送されたと伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-