マリウポリ防衛戦参加のアゾフ連隊と第36海兵旅団が合流

マリウポリ防衛戦参加のアゾフ連隊と第36海兵旅団が合流

ウクルインフォルム
ウクライナのアレストヴィチ大統領府長官顧問は13日、マリウポリ防衛戦に参加しているウクライナ軍第36独立海兵旅団が同市内の別の地区で戦闘をしていた国家警護隊特命分遣隊アゾフ連隊と合流したと伝えた。

アレストヴィチ氏がフェイスブック・アカウントにて伝えた

アレストヴィチ氏は、「マリウポリにて、第36海兵旅団が困難かつ非常にリスクのある行動の結果、突破し、同方策をプロフェッショナルに保障したアゾフ連隊と合流した」と書き込んだ。

また同氏は、この結果、アゾフは増援を得たことになり、第36旅団は分断を回避し、追加的機会、実質的に第二のチャンスを得たことになると指摘した。

同氏は、軍は自らの行動を把握しているとコメントした。

これに先立ち、マリウポリ防衛戦に参加する第36独立海兵旅団は、弾薬が尽きかけており、状況は非常に困難だと報告していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-