WADA、ドーピング情報の操作によりウクライナを非難 制裁を警告

WADA、ドーピング情報の操作によりウクライナを非難 制裁を警告

ウクルインフォルム
世界反ドーピング機関(WADA)は、ウクライナ反ドーピング・センターが国内選手のドーピング検査につき情報操作を行っているとして非難している。

WADAのヴィトルド・バンカ会長がコメントした

バンカ会長は、WADAは、ウクライナに対して同機関が2019年から特別作戦「ヘラクレス」にて調査している状況の是正を提案すると発言した。会長は、「報告書は、私の机の上にある。それは、2012年から(ウクライナ反ドーピング・センターが)深刻なルール違反をしていたことを示している」とし、ルールを遵守していたら、複数のウクライナ代表選手がオリンピックに出場できていなかった可能性があると指摘した。

その上で、同会長は、WADAはウクライナ関連委員会の勧告を待っており、また最終的決定はWADAの執行委員会が下すと伝えた。ウクライナに対しては、是正方策が提案されるという。是正が行われなかった場合、「ウクライナの機関は深刻な悪影響を受けることになる」と発言した。

なお、ウクライナ反ドーピング・センターは、選手に対してドーピングテストにつき規定より早い段階で伝えていたことで、非難されている。WADAの報告書が発表された後、ウクライナ反ドーピング・センターの当時のイヴァン・クルリシチューク会長が辞任している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-