ウクライナの東京オリンピック・メダリスト

ウクライナの東京オリンピック・メダリスト

ウクルインフォルム
ウクライナの選手たちは、東京オリンピックでメダルを19個獲得した。

東京オリンピック2020が終わった。ウクライナ勢の獲得したメダルの総数は19個(金メダル1個、銀メダル6個、銅メダル12個)。これは、2016年のリオ・オリンピックの結果を超えているが、金メダル数は過去最低となった。ウクルインフォルムが、東京オリンピックのウクライナのメダリストたち全員を紹介する。


ジャン・ベレニューク 金(レスリング男子グレコローマンスタイル87キロ級)

私たちは、リオ・オリンピックの時点で彼の勝利を期待していた。だから、東京での勝利は理に適った結果だ。決勝戦で当たったのは、彼が一度も負けたことのない相手だった。

ミハイロ・ロマンチューク 銀と銅(水泳男子1500m、800m自由形)

私たちは、ロマンチュークから優勝を期待していた。彼は、予選でオリンピックの記録を更新していたからだ。残念ながら、決勝では、ロマンチュークは米国のフィンケに負け、優勝をパリに先延ばしした。

パルヴィズ・ナシボウ 銀(レスリング男子グレコローマンスタイル67キロ級)

グレコローマンスタイルの若い戦士のメダルは、嬉しい誤算だった。彼は決勝戦まで上り詰めたところで敗北した。

アンジェリカ・テルリューハ 銀(空手女子55キロ級)

ウクライナ空手代表は、メダル獲得を宣言していた。結果、テルリューハが決勝戦まで上り詰め、敗北こそすれど、銀メダルを獲得した。

リュドミラ・ルザン、アナスタシヤ・チェトヴェリコヴァ 銀(カヌー女子カナディアンペア500メートル)

ルザン・チェトヴェリコヴァ・ペアは、欧州チャンピオンとしてオリンピックに出場した。大会で二人は実力を示し、パリでの金メダル獲得の準備があることを示した。

オレクサンドル・ヒジニャク 銀(ボクシング男子ミドル級)

ヒジニャクからは金メダルが期待されていた。最強アマチュア・ボクサーの一人である彼は、決勝に進んだが、戦術面の柔軟さに欠け、勝利を逃した。ヒジニャクは試合の流れを支配していたが、重要局面でノックアウトを食らってしまった。

オレーナ・スタリコヴァ 銀(自転車女子スプリント)

スタリコヴァは、世界選手権や欧州選手権で活躍していた選手だ。彼女は、世界最高峰の選手と互角に闘い、自らのレベルを見せつけることができた。決勝での敗北は残念だ。

ダルヤ・ビロディド 銅(柔道女子48キロ級)

女子柔道界の最高の選手の一人として知られる彼女からは、誰もが金メダルを待望していた。さらには、皆、彼女の野心、性格を知っていたし、彼女自身が金メダルのみを望んでいたことはわかっていた。ビロディドは、準決勝でライバルの渡名喜風南に敗れた。その後、幸いにも彼女は、持ち直し、3位決定戦に勝ち、銅メダルを獲得した。パリでの金を待とう。

イーホル・レイズリン 銅(フェンシング男子エペ)

彼は、36歳でのオリンピックデビューとなった。これまで彼の成績は特段私たちの目を引くことはなかったし、東京では、彼は「なかなか闘えた」とのことだった。銅メダル獲得という、素晴らしいデビューである。

オレーナ・コステヴィチ、オレフ・オメリチューク 銅(混合10mエアピストル団体)

オレーナ・コステヴィチは、ウクライナ・エアピストル界の伝説である。オリンピック・チャンピオンである彼女からはメダルが待望されていたた。オレフ・オメリチュークとの団体戦で、3位となることができた。その他の選手の結果が芳しくなかっただけに、良い結果である。

エリーナ・スヴィトリナ 銅(テニス女子シングルス)

スヴィトリナは、世界ランキング6位の選手であり、私たちはメダルを期待していた。14時間、3試合という、日本の侍並の闘いを実践し、彼女は強さを証明した。

アラ・チェルカソヴァ 銅(レスリング女子68キロ級)

レスリングは、ウクライナにとってメダル獲得の希望のできる種目の一つである。チェルカソヴァは、自信を持って試合に挑んでいたが、準決勝で負けてしまった。しかし、3位決定戦では、息子とファンのためにメダルを獲得した。

イリーナ・コリャデンコ 銅(レスリング女子62キロ級)

そして、レスリング女子のもう一人の代表であるコリャデンコも、素晴らしい試合を展開した。準決勝でこそ敗退したが、3位決定戦で勝利、銅メダルを獲得した。

マルタ・フェディナ、アナスタシヤ・サウチューク 銅(アーティスティックスイミング・デュエット)

アーティスティックスイミングのウクライナ女子代表は、欧州選手権で優勝している。記者会見では、彼女たちは金メダルの獲得に向けた抱負を述べていた。二人は銅メダルを獲得。金と銀は、同種目で最強として知られる中国とROCの代表だった。

リュドミラ・ルザン 銅(カヌー・スプリント 女子カナディアンシングル200メートル)

ルザンは、欧州のチャンピオンである。メダルを期待されていた彼女は見事銅メダルを獲得。彼女の特訓で傷付いた手の写真は、ネットで話題となった。

スタニスラウ・ホルーナ 銅(空手男子組手75キロ級)

欧州選手権で優勝したホルーナは、オリンピックに向けた準備ができていると述べていた。私たちは、彼を信じていた。世界最高峰の空手家が決勝に向けて進む中、ホルーナは、準決勝で敗退してしまった。銅は、良い結果だが、しかし彼はさらに上へ行けたであろう。

アーティスティックスイミング団体 銅

デュエット同様、団体戦でもウクライナのアーティスティックスイミング勢はメダルが期待され、彼らはその期待に応えてみせた。上位2チームには、ROCと中国。3位という結果は、誇れるものだ。

ヤロスラヴァ・マフチフ 銅(陸上女子走り高跳び)

マフチフは、世界の走り高跳びの最高の選手の一人だ。彼女には、世界記録や最高峰の大会での優勝の成績がある。私たちは金メダルを期待していたが、しかし、それは実現しなかった。19歳の彼女は、2.04メートルが越えられなかった。若いマフチフは、パリへ向かう。

写真:ウクライナ国家オリンピック委員会、Getty Images


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-