テニスBJK杯プレーオフ、ウクライナ女子、日本に勝利

テニスBJK杯プレーオフ、ウクライナ女子、日本に勝利

動画
ウクルインフォルム
16、17日、女子テニス国別対抗戦ビリー・ジーン・キング(BJK)カップのプレーオフ、ウクライナ対日本第2戦がオデーサ州チョルノモルシクで開催され、シングルス、ダブルス全4試合をウクライナが勝利した。

BJK公式サイトが結果を発表した

BJK杯プレーオフは、シングルス4試合、ダブルス1試合を行い、3勝を先取した方が勝利となる。

1試合:○エリナ・スヴィトリナ:村松千裕 6−3、6−2

2試合:○マルタ・コスチューク:内藤祐希 6−3、6−3

3試合:○エリナ・スヴィトリナ:内藤祐希 6−2、4−6、7−6

4試合:○リュドミラ・キチェノク/ナジーヤ・キチェノク:秋田史帆/佐藤久真莉

6−2、7−6

ウクライナ代表は、今回の勝利により、BJK杯決勝出場権を獲得。対戦相手国は、欧州アフリカ・ゾーン第1グループの勝者となる。

なお、日本代表は、今回の敗退で2022年予選ラウンド出場権を逃した。今回の大会には、大坂なおみ選手は出場していない。

スヴィトリナ選手の対日本戦試合前インタビュー


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-