ボクシングのクリチコ兄弟、ギネス入りへ

ボクシングのクリチコ兄弟、ギネス入りへ

ウクルインフォルム
ヴィタリー・クリチコ(兄、キーウ(キエフ)市市長)とヴォロディーミル・クリチコ(弟)の兄弟は、二人合わせて最多のボクシングの試合を行った兄弟チャンピオンとして、ギネス・ブック(ギネス世界記録)に登録された。

1日、ヴィタリー・クリチコ・キーウ市長のウェブサイトで発表された。

発表には、「ヴィタリーとヴォロディーミルのクリチコ兄弟は、二人合わせて最多の試合を行った兄弟チャンピオンとして、ギネス・ブックに掲載された。1日からキーウで始まった第56回WBC(世界ボクシング評議会)会議のガラ・パーティーで発表された」とある。

クリチコ市長は、「この発表は、私にとって驚きでした。私とヴォロディーミルの記録は、私たち兄弟を支援してくれた人、私たちとウクライナを応援してくれた皆さんの記録です。なぜなら、私たちはいつも自国の栄光を防衛してきたからです」と述べた。

キーウ市では、10月1日から5日にかけて、WBC会議が開催されており、ボクシング界の著名人、レノックス・ルイス、エリック・モラレス、イヴェンダー・ホリフィールドといった伝説的ボクサーが訪れている。166か国から約700名の参加者がキーウを訪れているとのこと。

WBC永久チャンピオンであるクリチコ・キーウ市長が今会議の開催者となっている。

写真:kiev.klichko.org


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-