ロシア占領地からウクライナ児童をさらに13名帰還させることに成功

ロシア占領地からウクライナ児童をさらに13名帰還させることに成功

ウクルインフォルム
ウクライナの慈善団体「セーブ・ウクライナ」は12日、新しい救出ミッションにより、同国のヘルソン州、ルハンシク州、ザポリッジャ州におけるロシアにより占領されている地域から13名の児童を帰還させることに成功したと発表した。

セーブ・ウクライナがフェイスブック・アカウントで伝えた

発表には、「今日(編集注:9月12日)、セーブ・ウクライナは、第11回救出ミッションの一環で、ヘルソン州、ルハンシク州、ザポリッジャ州からさらに13名の児童を取り戻した」と書かれている。

また同団体は、帰還が実現した子供たちが経験した出来事を伝えている。「母親は、子供のオレーシャが自分と一緒に暮らしていることを誰かに気付かれて、ロシアの学校での教育を強制されることのないようにと、1年間にわたり、オレーシャを占領政権や村人から隠していた。ミキータ、サシュコ、アンドリーの親は、彼らを、当時より安全だった左岸(編集注:ドニプロ川東岸)にいる祖父母のところへ連れて行った。しかし、右岸が解放されると、家族は離れ離れとなってしまった。両親は子供たちを連れ戻すために脱占領を待っていたが、それがすぐには起きないことを理解した」と説明されている。

また、帰還できたポリーナ、タラス、マトヴィーの離婚した両親は、母親はウクライナの運命を心配していたが、父親は親露的になったという。「そして、その父親が母親に対して、子供達をロシア領から連れ出すことを禁止したのだ。被占領下で子供達はロシアの学校へ通わされたし、母親は親権を剥奪すると脅されていた」と報告されている。

セーブ・ウクライナは、これまでの彼らの11回の救助ミッションで、176名を帰還させることができたと伝えている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-