ウクライナ国民の6割「ウクライナの物事は良い方向へ進んでいる」

ウクライナ国民の6割「ウクライナの物事は良い方向へ進んでいる」

世論調査
ウクルインフォルム
ウクライナで実施された最新の世論調査の結果、61%の人々がウクライナの物事は良い方向へ進んでいる、と考えていることがわかった。悪い方向へ進んでいる、との回答は21%だった。

ラズムコウ・センターのミシチェンコ社会学局副局長が2月23日から3月1日にかけて実施した世論調査の結果をウクルインフォルムでの記者会見時に発表した

ミシチェンコ氏は、「国民によるウクライナで生じているプロセスへの評価を尋ねる世論調査の結果によれば、61%の回答者が、物事は正しい方向で発展していると考えており、21%のみが物事は悪い方向で発展していると考えていることがわかった」と発言した。

同氏はまた、全面侵攻開始前の、2021年末には、この設問の結果はもっと悪かったと指摘し、当時は物事が良い方向に進んでいると回答したのは20%の回答者のみであり、65%が悪い方向に進んでいると回答したことを喚起した。

その上で同氏は、「これはもしかしたら、戦争開始から社会の団結が生じたことと関係するかもしれない。人々は、勝利と関連づけている社会の発展の方向を明確に自覚している」と発言した。

その他、49%の回答者は、ウクライナは現存の問題や困難を今後数年の内に克服できると信じていると回答。36%が、ウクライナはより長期的な期間で問題を解決できるだろうと回答。3%のみが、ウクライナは問題・困難を解決できないだろうと答えたという。

また、2021年末の調査時には、18%の回答者のみが、ウクライナは問題・困難を近い将来解決できると考えておらず、54%が長期的、18%が解決できないと答えていたことが紹介された。

今回の世論調査は、ラズムコウ・センターが2023年2月23日から3月1日にかけて、一時的被占領地と戦闘発生地を除くウクライナ全土の18歳以上の成人2020人に対して対面式で実施したものだという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-