キーウ市庁舎、独立記念日に向け市民に注意喚起

キーウ市庁舎、独立記念日に向け市民に注意喚起

ウクルインフォルム
ウクライナ首都キーウ(キエフ)の市行政府は、24日に控える独立記念日を前に、今週は安全方策を守り、空襲警報が鳴る場合には確実にシェルターへ向かうなど、特に注意して生活するよう呼びかけた。

22日、キーウ市行政府がテレグラム・チャンネルにて発表した

発表には、「今年、ウクライナは戒厳令化、あり得る攻撃の脅威の中で独立の周年を祝う。大型行事の開催は禁止されている。なぜなら、敵は予測不可能だからだ。そのため、私たちはあらゆるシナリオに備えておかねばならない」と書かれている。

また、今後数日、ウクライナ国旗の日(8月23日)とウクライナ独立記念日(8月24日)を迎え、ロシア軍によるミサイル・爆弾による攻撃が意思決定機関、軍事施設、防衛産業施設、重要インフラ、これらに隣接する住宅地、並びに生活関連施設への攻撃があり得ると指摘されている。

その上で行政府は、「警報が鳴ったらすぐにシェルターへと向かって、人だかりを避けて、夜間外出禁止の遵守に特に責任を持って欲しい! このシンプルなルールと安全方策があなたとあなたの近しい人の命を守る上で役に立つことを覚えておいて欲しい」と伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-