アントニウシキー橋損傷後、ヘルソン州住民、水上交通手段を利用=報道

アントニウシキー橋損傷後、ヘルソン州住民、水上交通手段を利用=報道

動画
ウクルインフォルム
ヘルソン州では、ドニプロ川にかかるアントニウシキー橋へのウクライナ軍の攻撃後、地元住民たちは、ドニプロ川を水上交通手段で渡っている。

8日、ヘルソン州の地元ニュースサイト「橋(モスト)」が報じた

動画では、住民たちがヘルソンからドニプロ川の対岸に位置するホラ・プリスタンやオレシュキへと様々な水上交通手段を利用して移動する様子が映されている。

水上タクシーの乗船運賃は1000フリヴニャ、共同で利用する小型船の場合は1人あたり100フリヴニャだという。

また、車両交通網が断絶していることから、現在船で野菜が運搬されているため、一時的占領下ヘルソン市内では野菜の値段が2、3倍に高騰しているという。穀物や小麦粉も船でドニプロ川を運んでいるという。その他、ヘルソン市民が冬に食料品の備蓄が不足することを心配しているとも説明されている。

これに先立ち、ウクライナ軍は8日、ロシアに占領される南部ヘルソン州のアントニウシキー橋とカホウカ橋の2本を再び攻撃したと発表していた。

アントニウシキー橋とは、ヘルソン市と左岸を繋ぐ、ドニプロ川の橋のこと。開通したのは1985年12月24日。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-