キーウの祖国の母像の盾の紋章の変更 85%の市民が支持

キーウの祖国の母像の盾の紋章の変更 85%の市民が支持

ウクルインフォルム
ウクライナの政府サービスポータルサイト「ジーヤ」で行われた、キーウ市の「祖国の母」像の盾に描かれたソ連時代の「鎌と槌」の国章の扱いを尋ねるアンケートにて、85%の回答者がウクライナ国章の三又の矛への変更を希望すると答えたことがわかった。

21日、トカチェンコ文化・情報政策相がテレグラム・チャンネルにて伝えた

トカチェンコ氏は、「ソ連国章を三又の矛に交換することは、85%のウクライナ国民が支持した。数字がそれを物語っている。このアンケートは、ジーヤを使った2回目のものだ。アンケートには、約78万人が参加した」と書き込んだ。

同氏はまた、今は紋章交換の時であり、像の解体の話は行われていないとし、その理由として、「なぜなら、その(解体)プロセスには莫大な費用がかかるからだ」と説明した。

写真:マクシム・コズレンコ


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-