欧州音楽の祭典、ウクライナ代表が優勝 民族ラップの「カールシュ・オーケストラ」

欧州音楽の祭典、ウクライナ代表が優勝 民族ラップの「カールシュ・オーケストラ」

写真・動画
ウクルインフォルム
14日にイタリア・トリノで『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2022』決勝が開催され、ウクライナ代表の民族ラップ・グループ「カールシュ・オーケストラ」が優勝した。

カールシュ・オーケストラは、合計631点を獲得した。2位は、英国は466点、3位はスペインの459点だった。

カールシュ・オーケストラの曲名は「ステファニア」。

また、ボーカルのオレフ・プシュクさんは演奏が終わると、ステージ上から「ウクライナを助けて! マリウポリを助けて! アゾフスタリ(編集注:マリウポリのウクライナ側が防衛の拠点とする製鉄工場)を助けて! 今すぐに!」と呼びかけていた

なお、祭典では、ウクライナを他国の代表者が応援する場面が見られた。アイスランド代表のSysturは、演奏が終わりに、「ウクライナのために平和を」とのメッセージを伝えた。

ドイツ代表は、ギターにウクライナの国旗を描き、その上に「ピース(平和)」との文字を記していた。

なお、ウクライナがユーロヴィジョンで優勝するのは今回で3回目。1回目は2004年にルスラナが、2回目は2016年にクリミア・タタール系歌手のジャマラが優勝していた。

ゼレンシキー宇大統領は、今回の「カールシュ・オーケストラ」の優勝を受けて、テレグラム・チャンネルにて、「来年、ウクライナはユーロヴィジョンを受け入れる!」とした上で(編集注:優勝国が次の年の開催を行う)、さらに「私たちは、いつかウクライナのマリウポリが『ユーロヴィジョン』の参加者とお客さんを受け入れるようになるよう、あらゆることを行う。自由で、平和で、再建されたマリウポリで!」ともコメントした。

そして大統領は、カールシュ・オーケストラに感謝のメッセージを伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-