ヴォロブエフ露ガスプロムバンク副総裁、ウクライナにて領土防衛部隊に参加

ヴォロブエフ露ガスプロムバンク副総裁、ウクライナにて領土防衛部隊に参加

動画
ウクルインフォルム
ロシアの銀行「ガスプロムバンク」社にて副総裁を務めるイーゴリ・ヴォロフエフ氏は、ロシアからウクライナへ渡航し、ウクライナ軍の領土防衛部隊に参加した。

ヴォロブエフ氏が露調査報道メディア「インサイダー」に対して自らの決定を説明した

ヴォロブエフ氏は、「私は、もうこれ以上ロシアにはいられなかった。民族的には私はウクライナ人であり、(スーミ州)オフティルカ生まれだ。私はもう、ロシアが私の故郷で行っていることを傍から見ることはできない。私の訪問は、懺悔のようなものだ。私は、自分のロシアの過去を洗い流したい。私は、勝利までウクライナに残る」と発言した。

同氏はまた、自身の父親はロシアの侵攻の際、オフティルカにて1か月間にわたり寒い地下にて暮らしていたと伝えた(編集注:その後、ロシア軍はスーミ州から撤退した)。さらに、同氏は、2004年からウクライナへ戻りたいと思っていたが、家庭の事情でできなかったとも述べた。同氏は、「これ(編集注:ロシアの侵略)は、プーチン、ロシア政権の国際犯罪だ。そして、実際のところはロシアの人々の犯罪でもある。なぜなら、ここでウクライナ人を殺しているのはプーチンではない。便座を盗んでいるのはプーチンではない。女性を強姦をしているのはプーチンではない。それは、ロシアの人々なのだ」と発言した。

加えてヴォロブエフ氏は、4月18日のガスプロムバンク社の副総裁であったウラジスラフ・アヴァエフとその家族の変死事件についてもコメントした。ロシアの報道はロシア捜査委員会の発表を元に、アヴァエフ氏が妻と子供を殺して、それから自殺したとと報じていたが、ヴォロブエフ氏はその発表を信じていないとし、自殺を偽装したのだと思うと発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-