ウクライナ南部カホウカ市長、ロシア占領者との協力を拒否 市から脱出

ウクライナ南部カホウカ市長、ロシア占領者との協力を拒否 市から脱出

ウクルインフォルム
ロシア軍に占領されているウクライナ南部ヘルソン州カホウカ市のヴィタリー・ネメレツ市長は、ロシア占領者とは協力しないと表明し、カホウカ市を去り、ウクライナ政府管理地域で業務を継続すると伝えた。

カホウカ市のフェイスブック・アカウントにてネメレツ市長のコメントが掲載された

ネメレツ氏は、「私がロシア占領者と協力したがらなかったことから、私の家族の命と私個人に真の危険が襲いかかっている。死んだ市長や、どこか地下にいる市長は市の役には立たないと思う。そのため、私は、一時的被占領下カホウカからウクライナ軍がコントロールする領域へ脱出する決定を下した」と伝えた。

同氏はまた、今後もカホウカのために仕事をしていくと強調し、自身を解任できるのは、カホウカ市議会の合法的な会合時の過半数の議員の決定のみであり、占領政権の指示では解任は不可能だと説明した。

その他同氏は、ヘルソン州で現在拘束されているタウリーシク市のミコラ・リザク市長、ホラ・プリスタン市のオレクサンドル・バビチュ市長、ミリウ村のオレフ・ヤフニイェンコ村長をはじめ、ロシア占領者に拉致された全てのウクライナ国民ができるだけ早く家に帰れることを願っていると書き込んだ。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-