戦争開始以降のキーウの出生数725人

戦争開始以降のキーウの出生数725人

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ首都キーウ(キエフ)では、2月24日のロシアによる侵略戦争開始以降、725人の子どもが生まれた。

16日、ポヴォロズニク・キーウ市行政府第一副長官がフェイスブック・アカウントにて報告した

ポヴォロズニク氏は、「命は続いている。そのことは首都の産科病院での新生児の数の良いニュースが示している。彼らと親御さんたちに健康と平和な空を! ウクライナに栄光あれ!」と書き込んだ。

戦争開始から20日間で誕生した725人の子どもの内、388人が男児、337人が女児だという。

なお、3月16日時点で、ロシアによる全面的侵攻開始から103名の児童が死亡している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-