ウクライナではオミクロン感染の波は4月まで続くだろう=保健省

ウクライナではオミクロン感染の波は4月まで続くだろう=保健省

ウクルインフォルム
ウクライナ保健省は、同国におけるオミクロン株によるコロナウイルス感染の波は1月末から生じ、2月にかけてピークを迎え、4月まで続くだろうと見込んでいる。

イーホル・クジン保健次官兼国家衛生医長がBBCウクライナ語版へのインタビュー時に発言した

クジン氏は、「私たちの予想では、次の(感染)爆発は1月末から生じる。この時には、オミクロンがより多くなる。ピークは2月で、段階的な減少が4月まで続くだろう」と発言した。

同氏はまた、新たな感染の波の長さと規模は、防疫措置の効果とブースター接種を受ける人の数に左右されると指摘した。

加えて、保健省は、2022年までにウクライナの成人住民の少なくとも70%がワクチン接種を行うことを予定していると伝えた。コロナ感染による死亡率に関しても、クジン氏は、ワクチン接種者数に左右されるものだと述べ、「研究データから、接種は重症化と死亡を防ぐことがわかっている。私たちは、2022年末までに少なくとも70%の成人がワクチン接種をするというかなり野心的な計画を有している」とし、2022年が2021年より悪くなることは予想していないと発言した。

なお、ウクライナの成人のコロナワクチン接種完了者の割合は、現在50%未満(1回目接種者が48%強)。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-