米大使館、ロシアのプロパガンダの危険を喚起

米大使館、ロシアのプロパガンダの危険を喚起

動画
ウクルインフォルム
在ウクライナ米大使館は、ロシア連邦が拡散しているプロパガンダの危険について喚起する動画を公開した。

10日、米大使館がツイッター・アカウントに動画を掲載した

動画では、ロシアが2014年以降拡散してきたプロパガンダ・偽情報を解明してきたウェブサイトが紹介されている。その中には、よく知られているものとして、2014年にクリミア占領時に拡散されたマイダン革命後のウクライナ政権が「ファシズム」であるとする宣伝や、ロシア国営テレビが放送した、ウクライナ軍人がウクライナ東部スロヴヤンシクで「子供を処刑している」と話す「一般人女性」の「証言」(編集注:実際には、この女性は現地住民ではなく、そのような事実もなかったことが確認されている)が映し出されている。動画では、ロシアが現在同様のプロパガンダ戦術を使っていると説明されている。

「私たちは、この脚本を前にも見てきた。2014年、ロシアがウクライナに侵攻した際、同国はウクライナこそが侵略者なのだと主張することで、事前に計画していた自らの軍事行動を正当化したのである。今日、私たちは、ウクライナ、北大西洋条約機構(NATO)、米国に対するプロパガンダ拡散の著しい努力を再び目にしている」とコメントされている。

動画の終わりには、「信頼するのではなく、確認せよ」とのスローガンが映し出されている。

なお、ウクライナでは、2014年のロシアによる軍事侵攻とそれに伴う大規模な偽情報拡散を受けて、「ストップフェイク」や「インフォーム・ナパーム」といった偽情報解明のためのプロジェクトが複数作り出されてきた。今回の米大使館の動画の一部は、これらのプロジェクトの発表にもとづいている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-