1月7日は、ユリウス暦のクリスマス

1月7日は、ユリウス暦のクリスマス

動画
ウクルインフォルム
本日、1月7日、ウクライナでは、東方典礼を受け継ぐキリスト教徒がクリスマス(降誕祭)をお祝いしている。

1月7日にクリスマスに祝うのはユリウス暦を用いている教会であり、具体的にはウクライナ正教会の他、エルサレム総主教庁、ロシア正教会、セルビア正教会、ジョージア正教会、チェコ・スロバキア正教会、アトスの修道院、ルーマニア正教会のベッサラビア府主教庁、およびウクライナ・ギリシャ・カトリック教会となる。

聖書によれば、神は、救世主の運命を背負うイエス・キリストをベツレヘムにて誕生させた。街には人が多く、宿が見つからなかったことから、マリアとヨセフは、家畜のいる小屋に泊まる。イエス誕生の時、空にはベツレヘムの星がきらめいた。キリスト教徒は、毎年、この輝かしい日を思い出すために集まり、祝うのである。

クリスマスとは、一年で最も重要な祭日であり、イエスの洗礼を祝う1月19日まで祝われる。この期間は、祝いの日々「スヴャトキ」と呼ばれる。ウクライナでは、この時期には、古くから、イエスの生誕時の賢者達を模した劇「ヴェルテプ」を行ったり、クリスマス・キャロル「コリャドキ」が歌われたりし、人々は一年が良い年であることを願うのである。

なお、ウクライナでは、ユリウス暦のクリスマスである1月7日の他、2017年以降はグレゴリオ暦の12月25日も国の定める公式なクリスマスとして祝われている。

ウクライナでは、クリスマスには「フリストス・ロジュダーイェッツャ!(キリストが生まれる)」「スラヴィーモ・ヨホー!(彼を讃えよう)」という特別な表現で挨拶が交わされる。

ウクライナ正教会のエピファニー首座主教(キーウと全ウクライナ府主教)は、フェイスブック・アカウントでクリスマスのお祝いメッセージを伝えた

エピファニー氏は、「外部環境がどのようなものであろうと、あなたがどこで今年の祝日を祝うことになろうと、クリスマスの喜びがあなたの心を満たし、心配と悲しみを追い払いますように」と伝えた。

また、エピファニー氏は、前日のクリスマスの典礼の動画を公開した。

ゼレンシキー大統領は、インスタグラム・アカウントにて、国民に向けてスキーをしながら、クリスマスのメッセージを述べ、平和を祈願した。

大統領は、「私たちの驚異的なウクライナ。私たちの山、私たちのカルパチア山脈を見ている。私たちの人々。皆に平和、善、幸せなクリスマスを」と伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-