キーウにてオミクロン株感染事例が初めて確認

キーウにてオミクロン株感染事例が初めて確認

ウクルインフォルム
ウクライナ首都キーウ(キエフ)にて、新型コロナウイルスのオミクロン株への感染事例が初めて確認された。

28日、キーウ市行政府がポヴォロズニク副長官の発言を伝えた

ポヴォロズニク氏は、「今日、市内でコロナウイルスの新しいオミクロン株への感染事例が確認された。専門家は、このウイルスはデルタ株より感染力が強い認めている。医療関係者は、ワクチン接種済みの患者は感染しても症状は軽いと述べている」と発言した。

同氏はまた、「安全のための基本ルールを忘れないで欲しい。マスクを着用し、距離を保ち、消毒液を使うように。もし体調が悪ければ、家にいるようにして欲しい」と呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-