今日は、グレゴリオ暦のクリスマス

今日は、グレゴリオ暦のクリスマス

ウクルインフォルム
本日、12月25日は、カトリック教会、プロテスタント、半数以上の正教会がクリスマス(降誕祭)を祝う日である。

ウクルインフォルムが伝える。

12月25日のグレゴリオ暦のクリスマス(ウクライナ語でРіздво、リズドヴォー)を祝うのは、カトリック教会、プロテスタント教会。正教会の中では、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、アルバニア、キプロス、フィンランド、チェコとスロバキアの正教会と、3つの古来から続く総主教庁であるコンスタンティノープル、アンティオキア、アレクサンドリアもこの日をクリスマスと定めている。

クリスマスは、キリスト教世界において最大かつ最も厳粛な祝日の一つである。正教徒にとっては、イースター(復活祭)、あるいはウクライナ語で「ヴェリクデーニ(Великдень)」がクリスマスより上位の祝日とみなされることがあるが、カトリック世界ではクリスマスが最上位の祝日となる。

ウクライナでは、ユリウス暦のクリスマスである1月7日の他、2017年以降はこのグレゴリオ暦の12月25日も国の定める公式なクリスマスとして祝われている。

クリスマスに2つの日付が存在するのは、教会への帰属と関係しているわけではなく、教会が用いている暦の違いに過ぎないことは指摘すべきだろう。16世紀、ユリウス暦からグレゴリオ暦への移行が行われ、その後、大半の教会もグレゴリオ暦を使い始めたが、一部の教会はユリウス暦を使い続けた。そのユリウス暦では、12月25日が1月7日に当たるのである。

ウクライナ大統領府は12月25日、ゼレンシキー大統領による信者に対するお祝いのメッセージ動画を公開している。

大統領は、クリスマスは、愛、善、慈悲といった人間の最善の倫理的特徴の象徴だと述べ、「この日は、私たちは、あらゆる悪を忘れ、互いに攻撃を許し、調和と平和に満たされる明日を信じるのだ。1年に1度だけでなく、自分の願いに誠実であろう。そうすれば、それは必ず叶う」とし、自分と身近な人々とウクライナを守るという団結の気持ちを持とうと呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-