クリミアとの境界線にてコロナワクチン接種開始

クリミアとの境界線にてコロナワクチン接種開始

ウクルインフォルム
12月1日から、一時的被占領下ウクライナ領クリミアとの間の行政境界線上のヘルソン州側(ウクライナ政府管理地域)通過検問地点「チョンハル」と「カランチャク」にて、コロナワクチンの接種が始まった。

11月30日、ミコラ・ヤキメンコ・ヘルソン州行政府副長官が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ヤキメンコ氏は、「12月1日から、一時的被占領下クリミアの住民は、通過検問地点『チョンハル』と『カランチャク』にてワクチン接種が受けられるようになる」と発言した。

なお、一時的被占領下クリミアでは、住民に対して、ロシア占領政権によるロシア製コロナワクチンのみの接種が行われている。ウクライナ政府は、ロシア製コロナワクチンを承認していない。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-