被占領下クリミアにて31名のクリミア・タタール系住民拘束

被占領下クリミアにて31名のクリミア・タタール系住民拘束

写真
ウクルインフォルム
23日、ウクライナのジェパル(ジャパロヴァ)外務第一次官は、一時的被占領下ウクライナ領クリミアにて、31名のクリミア・タタール人活動家が拘束されたと伝えた。

ジェパル外務第一次官がツイッター・アカウントに書き込んだ

ジェパル氏は、「クリミアにて、クリミア・タタール人活動家の新たな拘束が生じた。拘束された31名の中には女性も記者もいる。彼らは、逮捕期間の終わる弁護士のエデム・セメドリャイェフを迎えに行ったのだ。ロシアは、恣意的な拘束と逮捕を速やかに止め、違法に拘束するウクライナ国民を全員解放すべきだ」と書き込んだ。

その他、最高会議人権問題担当全権のデニーソヴァ氏は、テレグラム・チャンネルにて、拘束された31名の内、10名が女性、4名が記者だと伝えた。同氏は、拘束された人々は、シンフェローポリ警察キーウ署にいるとし、ウクライナ国民の違法な拘束を非難した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-