キーウの空中遊歩道でウクライナ独立30年テーマの写真展開始

キーウの空中遊歩道でウクライナ独立30年テーマの写真展開始

写真
ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市内のヴォロディーミル坂公園とモニュメント「友好のアーチ」を繋ぐ空中遊歩道にて、ウクライナの独立30年をテーマにした写真展が始まった。

写真展「独立とは私のこと 独立とは私たちのこと」は、ウクライナ独立30周年に合わせて、市民のイニシアティブで開催されているもの。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

写真展オープニングイベントでは、市民団体「ICAP統一」のヴォロディーミル・シェイフス代表が、「写真展の主な考えは、市民団体が人々の生活をどのように良くしてきたかを見せることにある。私たちは、今日私たちの周りにあるものに、これらの団体がどのような影響、貢献をしてきたかを示したいのだ」と発言した。

写真は、オレクサンドル・ホメンコ、パウロ・パシュコー、セルヒー・ヌジュネンコといったウクライナの著名な写真家が撮影した、市民社会のイニシアティブや、ウクライナ独立の発展への貢献の様子を示す写真から構成されている。

写真:ヘンナジー・ミンチェンコ/ウクルインフォルム

その他、ウクライナが独立してから30年間の歴史、環境、文化、教育、スポーツなどのイベントの写真も掲載されている。例えば、1991年のウクライナ独立に関する最高会議(国会)での投票の様子、欧州音楽の祭典「ユーロビジョン」でのルスラナやジャマラの優勝の場面、サッカー選手アンドリー・シェウチェンコの活躍、ロシアによるクリミア占領や東部侵略といった現在の悲劇的出来事の写真が紹介されている。

写真展の開催は、10月1日まで。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-