WHO、露コロナワクチンの承認プロセスを停止

WHO、露コロナワクチンの承認プロセスを停止

ウクルインフォルム
世界保健機関(WHO)は、ロシア製コロナワクチン「スプートニクV」の承認プロセスを停止するとともに、同ワクチンに関する追加情報の提供を求めている。

国連ニュースサイトが報じた

汎米保健機構(PAHO)のジャルバス・バルボサ副代表は、「WHOによるワクチン『スプートニクV』承認プロセスは停止された。なぜなら、ワクチン『スプートニクV』の製造の一部を担う工場の一つを監査した際、その工場が新しい『製造最善プラクティス』ルールに従っていないことが判明したためだ」と説明した。

同氏は、ロシアの製造者は製造プロセスへ必要な変更を加えた上で、WHOに対してそれを報告しなければならないとし、その後、再度監査が実施されることになると指摘した。

同氏は、WHOの承認を得るには、ワクチン製造者は3つの情報を提供しなければならないと述べている。3つの情報とは、ワクチンの安全性、その効果、確立された基準に従った製造所だという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-