EUの偽情報モニタリング:露は米国の信頼失墜を狙う偽情報拡散

EUの偽情報モニタリング:露は米国の信頼失墜を狙う偽情報拡散

ウクルインフォルム
ロシアのプロパガンダメディアは最近、米国の国際社会における信頼を低める目的で偽情報や「イギリス人が世界を支配している」などという陰謀論を拡散している。

欧州連合(EU)の欧州対外行動庁偽情報対策チーム「EUvs偽情報」が過去数週間のロシア発信情報の分析報告書を公開した

報告書には、ロシアのプロパガンダメディアが引き続き、無根拠な「理論」や思いつきの「引用」を用いながら、米国を「世界の悪党」とするイメージを広めていると指摘されている。

例えば、ロシア国防省のアンドレイ・イリニツキー報道官は、雑誌「軍事思考」にて、「ロシアに対する精神戦争」を展開しているとして米国を非難し、その際、ジョージ・ブロック・チザム世界保健機関(WHO)初代代表の発言だとして「世界の支配に至るには、人々の意識から、彼らの個人主義、家族的伝統への忠誠、民族的愛国心、宗教的ドグマを取り除かなければならない」とのフレーズを紹介しているが、実際にはチザム氏はそのようなは発言は一度もしていないのだという。

また、報告では、親クレムリンメディアが「米国は英国の傀儡」という陰謀論を活発に広めようとしていると書かれている。例えば、ロシア政府が管理するロシアの国外向けニュースサイト「スプートニク」が、「英国が米国の大統領を任命している」などといった内容を発信しているという。報告書には、国外の視聴者をターゲットにするロシアの英語放送「RT」から、国内読者向けの「モスコフスキー・コスモレツ」が批判されている。

報告書にはまた、スプートニクが、ウクライナで1932〜33年に引き起こされた人為的大規模飢餓「ホロドモール」は、「英国人によるロシアの信頼失墜の試み」だと形容しているとし、その際、「ホロドモールは英国のスパイが思いついたコンセプト」であり、実際にはソ連政府は1932〜33年、「人々を飢餓から救うためにありとあらゆる可能なことを行った」と主張されていると書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-