記者と読者のためのファクトチェック ウクルインフォルムとドイツ通信、白書を公開

記者と読者のためのファクトチェック ウクルインフォルムとドイツ通信、白書を公開

ウクルインフォルム
誰もが利用するソーシャルメディア。読者の皆さんは、目にする情報について「改ざんされたものではないか?」「写真は本物か?」「どのように検証したら良いのか?」といった疑問を抱いたことはないだろうか。

報道記者にとっては、そのような検証は日々の仕事の一部であり、特に「ファクトチェッカー」(真偽検証担当)と呼ばれる情報検証専門家がその仕事に携わっている。

ウクルインフォルムは、ドイツ通信(dpa)と実施した共同プロジェクト(ウクライナ報道各社のためのファクトチェック・ウェビナー)の白書「ファクトチェック(真偽検証):デジタル調査・検証における重要ポイント」を公開する。

同白書は、自らの仕事のため、または世界をより客観的なイメージを得るために、フェイク(偽情報・誤情報)の摘発を望む全ての人たちのために作られている。白書には、簡単に学べ、すぐに使える検証ツールの紹介に加え、ドイツとウクライナの状況比較、ウクライナの主要なファクトチェック団体「ストップフェイク」のアルテム・ラプチイェウ調査員とドイツ通信のシュテファン・フォス真偽検証担当員の見方の比較分析が行われている。

こちらからダウンロードできます。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-