ウクルインフォルム通信、オンライン報道機関の専門性基準の遵守調査で他2社とともに首位=モニター結果発表

ウクルインフォルム通信、オンライン報道機関の専門性基準の遵守調査で他2社とともに首位=モニター結果発表

ウクルインフォルム
マス情報研究所(IMI)が10月に実施した、オンライン報道機関18社の専門性基準の遵守のレベルのモニター調査にて、ウクルインフォルム通信、リーガ通信、ウクライナ・ウィークリー誌の3社が首位となった。

IMIがウェブサイト上でモニター結果を発表した

調査項目は、18社から各50の記事(合計900)をピックアップし、「見解のバランス」、「情報の正確さ」、「事実とコメントの区別」の3点から調査したものとのこと。

発表には、「モニター結果が最も良かったのは、ウクルインフォルム通信、リーガ通信、ウクライナ・ウィークリー誌であり、これにウクラインシカ・プラウダ通信、新時代誌、『週の鏡』紙が続いた」と書かれている。

また、2019年で4度目となる今回の調査では、IMIの専門家たちは、モニター対象を拡大したという。今回のモニターには、112.ua、ズナイ.uaを加えており、両者によりモニター全体の基準遵守の平均値が下がったと書かれている。例えば、「事実とコメントの区別」の項目は、第3回モニターの際の平均値95%から、今回は80%まで低下したという。

対象の18のオンライン報道機関は、以下のとおり。

オボズレヴァテリ(obozrevatel.com)、セヴォードニャ(segodnya.ua)、24チャンネル(24tv.ua)、TSN(tsn.ua)、ストラナ(strana.ua)、ウクラインシカ・プラウダ(pravda.com.ua)、112(112.ua)、ズナイ(znaj.ua)、RBC(rbc.ua)、ウニアン(unian.com)、ゴードン(gordonua.com)、新時代(nv.ua)、リーガ(liga.net)、ウクルインフォルム(ukrinform.ua)、週の鏡(zn.ua)、センサー(censor.net.ua)、ウクライナ・ウィークリー(tyzhden.ua)、インターファクス・ウクライナ(interfax.com.ua)

また、今回の調査は、米国国際開発庁(USAID)のプロジェクト「ウクライナのメディア・プログラム」を通じて提供されたサポートにより実施できたと書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-