原発事故を扱った米ドラマ「チェルノブイリ」、エミー賞で3つの賞を受賞

原発事故を扱った米ドラマ「チェルノブイリ」、エミー賞で3つの賞を受賞

ウクルインフォルム
9月22日にロサンゼルスで開かれた第71回プライムタイム・エミー賞授賞式にて、HBO社制作、ソ連時代の史上最悪の原発事故を扱ったドラマ「チェルノブイリ」が作品賞・脚本賞・監督賞を獲得した。

Hollywood Reporterが報じた

「チェルノブイリ」は、リミテッドシリーズ部門にて作品賞を獲得した他、リミテッドシリーズ&テレビ映画部門にて、クレイグ・メイジンが脚本賞を、ヨハン・レンクが監督賞を獲得し、計3つの受賞となった。

なお、「チェルノブイリ」は、International Movie Data Baseにて、「ゲーム・オブ・スローンズ」を越えて人気1位となっていた。このドラマの複数の回は、ウクライナで撮影が行われている。

ドラマ「チェルノブイリ」は、1986年のチェルノブイリ原発事故とその後の政権の対処、事故発生原因の解明を巡る内容となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-