アテネでゼレンシキーと11か国首脳、ウクライナ支持の宣言を採択

アテネでゼレンシキーと11か国首脳、ウクライナ支持の宣言を採択

ウクルインフォルム
バルカン諸国の11人の首脳は21日、ミツォタキス・ギリシャ首相が主催し、ゼレンシキー宇大統領も出席した首脳会議の際に、ウクライナの領土一体性への支持を表明する「アテネ宣言」を採択した。

ギリシャ・ヘラルドが西バルカン、ウクライナ、モルドバの首脳による同宣言の採択を報じた

報道によれば、宣言には、「ロシアの対ウクライナ侵攻は、欧州にとって極めて重要な瞬間となり、EU内で共有する原則、結束、共通の未来について新たな気付きのレベルを作り出している」と書かれている。

同宣言は、西バルカン、ウクライナ、モルドバにつき、地理的にEUと隣接しており、「共通の欧州の遺産、歴史、共通の可能性を挑戦で定義される将来」を有すと概説している。

首脳たちは、これらの地域が「欧州家族の完全なメンバーとして受け入れられる」ことの重要性を強調した。

報道では、アテネ宣言はギリシャを含むバルカン諸国首脳が「ロシアの侵略に直面して」「ウクライナの独立を支持する」ことを表明するために採択された宣言であると指摘されている。

首脳たちは、21日にアテネで開かれた非公式会合を訪れたゼレンシキー大統領に対して、支持と謝意を伝えたという。

これに先立ち、21日、ゼレンシキー大統領は、ギリシャの訪問を開始し、ミツォタキス同国首相やサケラロプル同国大統領と会談していた。

写真:ゼレンシキー大統領(フェイスブック


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-