「ロシアから聞こえてくるのは脅迫ばかり」=サンドゥ・モルドバ大統領

「ロシアから聞こえてくるのは脅迫ばかり」=サンドゥ・モルドバ大統領

ウクルインフォルム
モルドバのサンドゥ大統領は17日、ロシアの対モルドバ政策は脅迫や禁輸ばかりであると批判した。

サンドゥ大統領がモルドバ議会会合にて発言した。モルドバのニュースサイト「ニュースメーカー」が報じた

サンドゥ氏は、「クレムリンから聞こえてくるのは、脅迫、禁輸、恫喝ばかりだ。(中略)どのような国もモルドバに対して、何をどのように行うかについて命令することはできない」と発言した。

同氏はまた、モルドバは単独では「弱く、脆い」と述べ、「欧州連合(EU)に入ってのみ繁栄、安心、平和の中で生きていける。あなた方の中の多くが、モルドバはEUには入れないと考えていることは知っている。しかし、あなた方はがっかりするだろうが、それは幻想だ。私たちは、自分たちの国を信じることを止めていない。モルドバの欧州化は、良い目的のために皆を統べることができる。私たちの子供たち、私たちの国の未来のためだ。私は、奇跡について話すためにここにいるのではない。モルドバでの生活が困難なことは知っている。物価が他の国より大きなダメージをもたらしたことも知っている。朝から夜まで働くのが困難なことも知っている」と発言した。

加えて同氏は、ウクライナがロシアからの侵攻から自らを防衛している間は、モルドバに戦争の脅威はないと発言した。

同氏は、国会議員に対して、欧州統合を自分の利益より上位に置くよう呼びかけ、「私たちは、改革の形に関して議論をすべきである。しかし、私たちは、国民のために欧州的生活を築かなければならない。(中略)あなた方を選出した人々は、自分の家で生活したがっているのだ」と指摘した。

同氏は加えて、EUに反対している人々もまた、しばしば欧州を旅行しており、欧州各国の国籍を持ち、自分の子供をEUで勉強させていると指摘した。

その他同氏は、政府と議会に対して、汚職に関係する犯罪事件のみを扱う「反汚職裁判所」の設置を呼びかけた(編集注:同様の裁判所がウクライナにも設置されている)。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-