ゼレンシキー大統領、ウクライナ、トルコ、アゼルバイジャン3国の首脳会談開催を提案

ゼレンシキー大統領、ウクライナ、トルコ、アゼルバイジャン3国の首脳会談開催を提案

写真
ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は15日、アリイェフ・アゼルバイジャン大統領との会談時、2022年2月にウクライナ、アゼルバイジャン、トルコの3か国で首脳会談を開催することを提案した。

ゼレンシキー大統領がブリュッセルにおけるアリイェフ・アゼルバイジャン大統領との会談時に発言した。ウクライナ大統領府広報室が伝えた

ゼレンシキー大統領は、2022年2月に、ウクライナはアゼルバイジャンと取ることの外交関係樹立から30周年を迎えることを喚起し、キーウ(キエフ)にて2月に3国首脳会談を開催することを提案した。

加えて大統領は、両国間の潜在的な輸送面での協力を指摘し、欧州・コーカサス・アジアという陸路・海路のルートでの貨物輸送の実現のための作業を活発化させなければいけないと強調した。

さらに大統領は、アリイェフ大統領に対して、ロシアにて違法に拘束されているウクライナ国民、特にクリミア・タタール人の解放への支援を要請した。

その他大統領は、アゼルバイジャンによるウクライナの主権と領土一体性への支援に謝意を伝えた。

なお、ゼレンシキー大統領は、15、16日、東方パートナーシップ首脳会談へ出席するためにブリュッセルを訪問している。

これに先立ち、クレーバ・ウクライナ外相は、エルドアン・トルコ大統領が2022年初頭にウクライナを訪問すると発言していた。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-