ゼレンシキー大統領、ホロコースト記念博物館にて親族の話を披露

ゼレンシキー大統領、ホロコースト記念博物館にて親族の話を披露

ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、訪米中、ワシントンのホロコースト記念博物館を訪問した。

ウクライナ大統領府がその際のゼレンシキー大統領の演説内容を公開した

大統領は、「歴史上、本日9月1日は、特別である。82年前の1939年9月1日、第二次世界大戦が始まったのだ。その戦争はその被害の点から特別である。特別な人間の残酷さ、より正しくは、特別に非人道的な嫌悪、特別な心の不在を引き起こした。それらは、特別なウイルスによって発生したものだ。そのウイルスは、非常に短い名前を持っている。『ナチズム』である」と発言した。

そして大統領は、ナチズムは、死、飢餓、捕虜、焼き尽くされた町々、東方労働者、強制収容所、ホロコーストの悲劇という多くの苦難をもたらしたと強調した。

大統領は、欧州において、少なくとも600万人のユダヤ人がホロコーストの犠牲となっており、その内の150万人、つまり4人に1人がウクライナ出身のユダヤ人であったと伝えた。

そして大統領は、「ナチズムは敗北した、直接かつ永遠に」と強調した。

その他大統領は、自らの親族の話を披露した(編集注:ゼレンシキー大統領はウクライナのユダヤ系の家庭に生まれている)。ホロコーストの際、4人兄弟のうち、生き残ったのは当時前線にいたゼレンシキー大統領の祖父だけであったと指摘した。大統領は、「彼(編集注:自身の祖父)は、第二次世界大戦を経験し、ナチズムに対する勝利に貢献し、4年後に家に戻った。その2年後、彼には息子が生まれた。その31年後、彼には孫ができた。その40年後、彼の孫はウクライナ大統領となり、今、その人物があなたたちの前に立っているのだ」と発言した。

なお、ウクルインフォルムの特派員によれば、ゼレンシキー大統領は、ホロコースト記念博物館の活動を視察した他、ユダヤ団体の代表たちと面会した。

現在ゼレンシキー大統領は現在米国を訪問している。9月1日には、バイデン米大統領との会談が行われる。大統領の訪米は、9月5日まで続く予定となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-