クレーバ外相、クリミア・プラットフォーム首脳会談参加全44か国を発表 日本は大使が参加

クレーバ外相、クリミア・プラットフォーム首脳会談参加全44か国を発表 日本は大使が参加

ウクルインフォルム
8月23日のクリミア・プラットフォーム立ち上げ首脳会談には、44か国の代表団が参加する。その内14か国は、首脳級の参加となる。

19日、ドミトロー・クレーバ外相がオンライン記者会見時に発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クレーバ外相は、「8月23日、クリミア・プラットフォームの創設を行うのは、44か国と国際機関となる。その内、14は国家元首、首相、欧州連合(EU)のトップである」と

外相は、大統領級の参加となるのは、ラトビア、リトアニア、エストニア、ポーランド、スロバキア、ハンガリー、モルドバ、スロベニア、フィンランド。また、欧州理事会議長も参加する。

首脳級の参加は、ルーマニア、ジョージア、クロアチア、スウェーデン。

スイスとチェコは国会議長が参加する。

外相級の参加は、トルコ、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ベルギー、オーストリア、オランダ、ルクセンブルグ、アイルランド、デンマーク、ブルガリア、モンテネグロ、北マケドニア。

英国とポルトガルからは国防相が参加する。米国からは、バイデン米大統領の特使として、運輸長官が参加する。

ノルウェーからは、外務国務次官が参加する。

欧州委員会からは、ドムブロフスキス副委員長が参加。北大西洋条約機構(NATO)からは事務次長、欧州評議会とGUAMからは事務総長が参加する。

ニュージーランド、マルタ、日本、オーストラリア、キプロス、カナダ、ギリシャは、大使が国を代表する。

クレーバ外相は、「これで計44か国の代表団であり、ウクライナを含めて45か国となる。私は、代表者のレベルとは関係なく、これらの国が国家としてクリミア・プラットフォームの創設国になるということを強調したい」と発言した。

外相はまた、クリミア・プラットフォームは、ウクライナでこれまで行われたどの国際行事よりも、参加代表者の数で上回ったとし、「このような国際行事は、ウクライナは一度も行ったことがない」と指摘した。

クリミア・プラットフォームとは、ウクライナが主導する、クリミア占領へ国際社会が効果的に対応することを目的とした新しい協議・調整フォーマット。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-