イラン、ウクライナ機撃墜の賠償金支払いの開始を発表

イラン、ウクライナ機撃墜の賠償金支払いの開始を発表

ウクルインフォルム
在ウクライナ・イラン大使館は、2020年1月にテヘラン近くでウクライナ国際航空の旅客機撃墜の被害者遺族に対する賠償金支払い開始を発表した。

7日、イラン大使館がフェイスブック・アカウントにて発表した

発表には、「(イラン)政府が決議を確定し、同決議により、亡くなった方一人一人につき15万ドルが遺族に支払われる。相続法の規範に従って、外国人にも、イラン国民にも支払いが行われる。それ以前に遺族の中には、すでに賠償金を受け取った者もいる」と書かれている。

さらにイランは、ウクライナ国際航空事件犠牲者支援調整グループについて、「賠償金支払い問題を政治化している」などと批判した。

PS752便撃墜事件とは、2020年1月8日、イラン首都テヘランのイマーム・ホメイニ空港を離陸した後、キーウ(キエフ)に隣接するボリスピリ空港へ向かっていたウクライナ国際航空のボーイング737が撃墜された事件のこと。同機には、乗客・乗員計176名が搭乗。ウクライナ国民11名を含む、その全員が死亡している。

イランは、1月11日にウクライナ航空機を誤射で撃墜したことを認める発表を行なっている。

しかし、その後、ウクライナとイランの両国政府の間にて、事件捜査や賠償金をめぐり見解の対立が続いている。2021年4月9日、ウクライナ外務省は、イラン外務省の事件に関する発表につき、現実的な証拠による裏付けのない発表は信用しないとする批判コメントを発出している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-